ボディメンテナンス

肩こりからくる頭痛にも整体は効果ある?

肩こりから来る頭痛に整体は効果があります。

肩こりによる頭痛は、緊張型の頭痛であることがほとんどです。

なので、一時的ではありますが、筋肉をほぐし血流を改善することで頭痛に対しても効果があると言えます。

しかし、筋肉をほぐしても、生活の中で緊張しやすい状態にあるので、根本的には変わりません。

根本的には、体力をつけたり、筋肉が緊張しにくい生活を身につけていく必要性があります。

緊張型頭痛の原因はほとんどが肩こり

そもそも緊張型頭痛とは、頭の周りや首の後ろから肩、背中にかけての筋肉が緊張するための肩こりです。

日本人の5人に1人が悩まされているといわれています。

男性よりも女性の方が症状を発症しやすい病気です。

女性の方が発症しやすいのは、男性に比べて筋肉の量が少なく、肩が下がっている人が多いためと考えられます。

首がながーく見える女性のほとんどは、正常な位置より肩が下がっているケースがほとんどです。

肩が下がることで、首から肩にかけて走る筋肉が引っ張られてしまい、筋肉の緊張が高まってしまいます。

そして、頭痛につながってしまうんですね。

肩こりを改善することで頭痛も軽減できる

そのような病態がありますので、頭痛を改善するためには、肩こりの改善が必要となります。

肩こりの原因は様々ですが、現代では、運動不足やデスクワーク。

スマートフォンの普及による不良姿勢などが原因に挙げられます。

肩こりを抱える体に共通して見られる症状は、胸椎の固さです。

胸椎が固くなってしまうことで、それに付随して、肩甲骨の動きも悪くなります。

それらの関節の動きや骨の動きを改善することができれば、肩こりはかなり軽くなっていくはずです。

肩こりは、筋肉をほぐすだけではなく、固くなりにくい体にする必要性がある。

整体では、骨格矯正や筋肉のもみほぐしなどで、筋肉の硬さや骨の歪みを取り除いてくれます。

ですが、それらの症状は、普段の生活の中で生み出されたものですので、一度治療を終了しますと再発することが多いです。

普段の生活パターンが、体の不調を生み出しているからです。

なので、一度ほぐした体を固くなりにくくしなければなりません。

体が固くなってしまうことを防ぐ方法があります。

それは、体力をつけることと、生活習慣を変えることです。

原因を変えるためには運動や生活の動きを変えることが大切

肩こりを生じにくくするには、体力をつけて、筋肉が頑張りすぎなくてもいいようにする方法があります。

筋肉がたくさんあると、大変な動きでも余裕を持ってできるので、筋肉が固くなりにくくなります。

もう一つは、生活の動作を変えることです。

姿勢を良くすればいいんでしょ?と考えられる方もいらっしゃいますが、意識して姿勢を良くするのは正直、かなり厳しいです。

短時間であれば持ったとしても長時間は続けることが難しいと思います。

なので、筋力をつけるという方法が効果的と言えるでしょう。

筋肉ムキムキになる必要はなく、体全体で少し力がつけばいいかなという程度です。

そのためには、日常の活動量を上げることが求められます。

日常の活動量を上げるためには、些細なことを運動に変えることがオススメです。

エスカレーターでなく階段を使う。ひと駅分歩いてみる。

電車の中で、ちょっとした運動をしてみる。

こんな些細なことでも続けることで効果が出てくるはずです。

スマホの見方一つでも効果はあるはずですよ。

まとめ

肩こりから来る頭痛に整体は効果あり。

ですが、一時的である場合が大半ですので、しっかりと体力をつけて再発をしづらい体にしていく必要性があります。

そのためには、体力をつけたり、日常生活を変えていく必要性があります。