ボディメンテナンス

腰痛のときには整体?マッサージ?どっちがいいの?

腰痛のときの対処法は整体をうけるのとマッサージを受けるのとではどちらがいいのでしょう。

整体は、資格のない人でもできるサービスです。

それに対してマッサージは厳密に言うと、柔道整復師や理学療法士といった有資格者でないとできない、医療類似行為です。

整体よりもマッサージのほうが、ちゃんとしたサービスを受けることのできる確率は高いです。

腰痛のときには、対処療法としてはどちらも有効な方法と言えると思います。

腰痛の根本的な解決のためには、生活習慣を見直すことが必要と言えると思います。

整体とマッサージの違いとは?

整体とマッサージの違いとはどのような点にあるのでしょうか?

整体は色々な民間療法の総称です。

整体にも色々あると思いますが、一般的には体の歪みをと問える方法です。

それに対して、マッサージは明確な治療法の一つです。

細かく分けると色々ありますが、それらの目的は、筋肉の緊張を取るところにあります。

整体は、体のゆがみを整え、マッサージは筋肉の緊張を取るものくらいに考えるといいかと思います。

そして、整体は誰でもできる行為ですが、マッサージは指定された有資格者以外はできない医療行為です。

つまり、マッサージができる人は国が認めた医療従事者であるので、一定水準の医療的な知識を有しています。

なので、マッサージのほうが、はずれない確率は高いです。

その一方、美容行為として提供されているマッサージは、どんな職種であっても提供できます。

医療行為としてのマッサージと美容行為としてのマッサージが同じ名称で使われているために、誤解されてしまうことがあります。

同じマッサージでも美容としてのマッサージは、腰痛に対しての効果はありません。

医療行為としてのマッサージは効果があります。

しかし、慢性腰痛は保険適応外となりますので注意が必要となります。

腰痛の場合はどちらも有効

腰痛の場合はどちらが有効でしょうか。

ここでいう腰痛は、いわゆる慢性腰痛とします。脊柱管狭窄症やヘルニアなど診断名の着く腰痛は除きます。

慢性腰痛の場合、筋肉が緊張し、血流が悪くなることによって引き起こされるものが大半ですので、どちらの治療法も有効といえるでしょう。

腰が痛くなるたびに整体やマッサージを受けに行く人がいるのは一定の効果があるからとも言えますよね。

整体もマッサージも対処療法。原因は解決していない。

ですが、考えなくてはならないのは、腰痛の根本的な原因は解決されていないということです。

筋肉が緊張してしまって腰痛になります。緊張した筋肉を解すことはできても、筋肉を緊張しなくさせることはどちらも難しいでしょう。

整体によっては独自の方法で解決しているところもあるでしょうが、ただのもみほぐしでは効果は一時的です。

そもそも、筋肉が固くなることの原因に対するアプローチなくしては腰痛を改善することはできません。

腰痛を治すためには生活習慣を見直すことが一番大事。

腰痛は生活習慣病であると思ってもらうことが重要です。

生活の動作やストレスによって引き起こされる病気です。

なので、整体やマッサージで体の状態は良くなったとしても、生活自体を変えていなければいずれは腰痛になるはずです。

現状の腰痛もそのようにして出来上がっているはずです。

根本的な解決策は、生活を変えること。

具体的には活動量を上げることです。運動不足が一番良く有りません。

駅まで、バスを使っていたところを歩いてみる。エスカレーターを使わずに階段を使ってみる。

隣の部署まで、電話やメールで済ませていたところを直接顔を見に行ってみる。

色々な対処法がありますので、自分にあった方法を見つけ出してください。