ボディメンテナンス

腰痛でつらい!行くべきなのは整体?整形外科?

腰痛をなんとかしたいとお悩みの方へ。

最初に検討するべきなのは病院です。

ただの腰痛だと思っている症状であっても、もしかしたら何らかの病気の可能性があります。

整体やマッサージのお店では、障害に対する知識がない方が大半ですので、本当に悪い状態のときに病院に行ってくださいとは教えてもらえません。

なので、最初は病院に行くことを検討しましょう。

ただの腰痛かそれとも病気か

腰痛には、特異的腰痛と非特異的腰痛というものがあります。

特異的腰痛は、ヘルニアや脊柱管狭窄症など原因がはっきりしているものです。

原因がはっきりしない非特異的腰痛と呼ばれます。

特異的腰痛の場合、しびれなどの神経症状がでたり、安静時にも痛みが出ることが特徴です。

割合としては、8割は原因のはっきりしない非特異的腰痛と言われています。

非特異的腰痛は病院の検査では、特定しにくく、筋肉に原因があることが大半です。

これを特定するのは、お医者さんではなくセラピストであることが大半です。

このことから、病院に行っても何もしてくれないと勘違いしてしまうのですが、お医者さんは、本当にまずい病気を見つけるプロフェッショナルなのです。

ただの腰痛だと思いこんでいても、腰骨にがんができている場合などもあるので、馬鹿にできませんよ。

整体から病院へ促してくれるところは少ない

最初にお医者さんにかかることで、重篤な腰痛である可能性を取り除くことができます。

お医者さんが、大丈夫という場合、痛くなりませんよ!という意味ではなく、急いでなんとかしないような悪い腰痛では有りませんという意味合いだと思ってください。

痛くて辛いのになんとも無いと言われてしまうと、こなきゃよかったと思う方もいらっしゃるかもしれません。

お医者さんとしては、大丈夫死なないから!という意味合いです。

患者さんとしては、当たり前だろ!と思うところですが、腰のがんでなくなる方や、腰の病気によって歩けなくなる方もいるのでそういう意味では安心してね!という意味合いととってください。

この段階を踏んでいれば安心なのですが、最初に整体にいってしまうと重篤な腰痛の場合、その兆しを見逃してしまう可能性が高いです。

整体師は民間資格であり、基本的には疾患のない人の施術をしていることが大半です。

おそら、お近くの整体院では、病院で〇〇症といった診断のついた方は、お断りしているところが大半なのではないでしょうか?

僕の担当していた患者さんも(すごいいかついコルセットを付けている)整体で断られたと話していました。

障害のある方を見ていないので、その兆しに気がつくことができません。

なので、本当に状態の悪い方に、根拠を持って病院に行ってくださいとは言えないのです。

腰痛を見極めることのできる整体師は少ない

腰痛がどのような原因により引き起こされているのかを見極めるには、医学的に証明されている検査を実施する必要があります。

そのためには、姿勢の歪みを見極めるのではなく(右の肩が下がっているとか骨盤が歪んでいるとか)、〇〇の検査を行ったところ、陽性が出ているので、〇〇の可能性があります。と言った話ができることが必要です。

具体的なケースでは、小学生で体操をやっている男の子が腰が痛いと相談に来た事がありました。

SLRテストで神経症状が出ていることと、膝蓋腱反射の検査で陰性になっているので、腰の部分で神経が締め付けられている可能性がありますので、病院に行ってください。とお母さんに伝えたところ。

実際にヘルニアだったことが有りました。

そのこは、僕のところに来る前は接骨院や整体院に行って治療を受けていましたが、そのような説明は受けなかったそうです。

まとめ

まずは、病院に行きましょう。

お医者さんの大丈夫は、命に別状がないよ!(2割の重篤な腰痛の可能性は低いよ)という意味です。

あなたの生活がしんどいことに思いやる余裕がない方もいますが、悪気はない方がほとんどです。

その、重篤な段階でないとわかったら、整体などのサービスを検討してみるのもいいと思います。

整体を受ける際にはコチラの記事も参考にしてみてください。

腰痛でつらい!整体って効果あるの?【医療従事者から見た注意点】

2020.02.06腰痛でつらい!整体って効果あるの?【医療従事者から見た注意点】