ボディメンテナンス

肩こりによる頭痛を軽くするツボとは?

ツボを押すのは頭痛や肩こりに対して効果的な方法です。

時分のセルフケアの方法として試してみていい方法でしょう。

根本的な原因を解決できない場合は、自分自身で症状をコントロールできるように、自分の症状を変え\瑠玖できるツボを抑えておくと善いでしょう。

ツボとは東洋医学の考え方

ツボとは中医学や漢方医学、経絡学といった東洋医療の考え方における経穴(けいけつ)のことです。

経穴とは、西欧医学で言うところのトリガーポイントとも一致する部位です。

経穴は「気と血」のエネルギーの通り道友いわれ、現在ではWHOにも治療効果が認められている部位です。

ツボを押すと楽になる

経穴、いわゆるツボは、無いぞ図体性反射と呼ばれる反応を行き起こすとされています。

ツボを刺激することで、内臓にも働きかけることが可能となります。

体の表面からも、体の深部を刺激し、血行を良くすると言われています。

血行を良くすることで、ストレスが解消され、内臓を丈夫にすると言われています。

肩こりや頭痛に効くツボ

それでは、ここで肩こりや頭痛に効くツボを紹介したいと思います。

百会(ひゃくえ)

頭頂部のど真ん中にあるツボです。眉間からアタものてっぺんを結んだ線と、左右の耳から頭のてっぺんにかけて交わったところが百会になります。

頭痛だけではなく、脱毛にも効果があると言われています。

太陽(たいよう)

こめかみ付近にあるツボです。頭痛や肩こりに効果的ですが、霞目や疲れ目などにも効果があります。

天柱(てんちゅう)

後頭部のうなじの生え際の部分の外側にあるツボです。デスクワークの方にもオススメのツボになります。

根本的な治療は必要

ツボを抑えておくことで、症状を緩和させることは可能となります。

しかしながら、肩こりの原因のおおくは、生活習慣であることが多く、ツボを押すだけでは一時的にしか効果はありません。

なので、生活に運動を取り入れたりストレスを減らしたりするような、根本に対するアプローチは必要だと思います。

そのような対処法でも、なんとかならない場合は、ツボを押す行為自体を時分の生活習慣に取り入れてみてはいかがでしょう?

まとめ

ツボを押すことで、肩こりや頭痛などの症状を緩和させることができる。

自分の体に効果的なツボを見つけておきましょう。

根本的な治療のための運動も視野に入れておきましょう。それでもだめな場合、セルフケアの方法としてツボを取り入れてみてはいかがでしょうか?