ボディメンテナンス

肩こりから来る頭痛に薬は効果ある?【頭痛薬よりも肩こりの薬がオススメ】

肩こりから来る頭痛に薬は効果があるのでしょうか?

一般的な頭痛薬よりも、肩こりを緩和させるような薬のほうが効果的です。

調子には波がありますので、調子の悪い時を薬で乗り越える方法もありますが、根本的な症状の対策をするほうがより良い状態につながるといえるでしょう。

肩こりから来る頭痛とは

頭痛にはいくつかの種類があり、片頭痛や群発性の頭痛、緊張型頭痛があります。

肩こりから来る頭痛は緊張型頭痛という頭痛に分類されます。

肩こりによる筋肉の緊張が血流不全を引き起こし、血流不全により痛みが生じます。

頭の後ろから方にかけて、ズーンと重たい頭痛はこの頭痛に該当することが多いです。

ロキソニン系の効果はいまいち

そのような頭痛が辛いときに、薬によって治そうと思う方は多いとお思います。

ですが、どのようなクスるりが効果的なのでしょうか?

一般的に頭痛薬というと、消炎鎮痛系の物が多いです。

ステロイドの効果により、頭の中で生じている炎症を抑えることで、頭痛を抑えます。

風邪の症状の頭痛には効果的ですね。

しかしながら、肩こりによる頭痛は、血流不全が原因ですのでこの場合はあまり効果的な薬とは言えないですね。

肩こりに対する血流改善系は効果あり

頭痛薬が効果がないとすると、薬で対処するのは難しいのでしょうか?

肩こりから来る頭痛の場合は、頭痛薬よりも肩こりの薬を使うほうが効果的と言えます。

肩こりに対する薬は、飲み薬や貼り薬、塗り薬などがあります。

それらの薬は、筋肉の緊張を緩和し血流を改善します。

なので、肩こりを緩和し、さらに頭痛も緩和することがあるようです。

しかしながら、一時的な効果であることが多いです。

つらい時期を薬で乗り越えると、体には回復力がありますので、あとは体の回復をまつという方法になります。

体には調子の波がありますので、調子が悪くなったときには薬で乗り越えるという方法もありますね。

まずは肩こりを治すこと

体には波があるので、必ず悪くなる時期が来ます。

そのときに、痛みにつながるかつながらないかは、その人の体の状態によると思います。

なので、普段からいい状態を保っておくことは、悪い調子のときにつらい思いをしないですませるためには重要なことですよね。

なので、目指すは肩こりのない体ですね。

肩こりを治すことが頭痛の症状を軽くします。

調子のいいときも悪いときも肩こりがない日常をイメージできますか?

肩こりを治すためには生活習慣の見直しが必須

肩こりは生活習慣病と思ってもらったほうが、いいでしょう。

肩こりがある場合、生活のなかに肩こりを生じさせる原因がかならずあるはずです。

それは姿勢の悪さかもしれませんし、仕事によるストレス、はたまた心因性のストレスであったりするかもしれません。

ストレスをゼロにできれば一番いいと思います。

しかしながら、現代を生きる私達がストレスゼロで生活することは非常に難しいことと言わざるを得ません。

なので、対処法として受けたストレスを解消する方法を確立させる方法が一番いいですね。

ストレスの解消はできていますでしょうか?

体に受けたストレスもこころに受けたストレスも体に蓄積されていきます。

それらのストレスを解消する方法を生活の中に組み込んでおきましょう。

おすすめの方法としては、浴槽浴とそのあとにストレッチを行うことです。

非常にシンプルですが、これを継続して行えればほとんどの人がいい状態に保てると思います。

まとめ

肩こりから来る頭痛に薬は効果があるもとあまり効果的ではないものがある。

ステロイド系の頭痛薬よりも肩こりを緩和させる薬を選びましょう。

そして、一時的な対策よりも、根本的に肩こりを生じさせない生活ができるといいですね。

簡単なことでも、継続することで結果が出てきますので、新しいことに取り組んでみてはいかがでしょうか?