パフォーマンスアップ

心は腸にある?ストレスに負けない心の作り方。【腸内フローラ】

健康情報があふれる時代になりました。

健康に対する関心が高まってきいますよね。

テレビを付ければ至るところで健康情報が流れています。

そんななかで、心の健康に対する問題も大きく取り上げられていますね。

日本では100万人を超えるうつ病患者がいるとされています。(厚生労働省H29)

うつはこころの風邪といわれるくらい、うつ病は身近な病気になってしまいました。

しかし、「こころ」という形として見えない部分の病気となると、治療するのも時間がかかります。

心はどこにありますか。

こころってそもそもなんなのでしょう?

英語ではハートですよね。だとしたら心臓?

こんな質問されるとちょっと困っちゃいますよね。

おそらく、ちょっと考えてから自分の頭に指をさす方が多いのではないでしょうか。

脳は、思考や意識をつかさどる部位です。

自分の考えや、感情はここから生まれると考える人は多いでしょう。

しかし、感情とはどのような要素に左右されるのかを考えると、必ずしも「こころ」が脳にあるとは言えないというのが最近の科学の意見です。

人間の感情は、ホルモンの分泌により左右されており、その大半が腸でつくられています。

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの95%は腸で生み出されています。

【こころ(心)】人間の理性・知識・感情・意思などの働きのもととなるもの。また、働きそのもの。
goo辞書

辞書だと、こころはこのように定義されています。

幸せな気分の95%が腸で生まれているのだとしたら、「こころ」は腸にあるということもできるでしょう。

幸せな気分を増やしていくためには、腸のことについてもっと知る必要があるのではないでしょうか。

なので、今回は腸のことを知り、腸の状態を整えるための情報をお伝えしたいと思います。

おしゃべりな腸

腸について面白い話をしてくれるのが、ドイツの医学生のジュリア・エンダースさんです。

彼女はプレゼンの大会「サイエンス・スラム」で優勝しました。そのプレゼンの内容は腸についての話で、その内容は「おしゃべりな腸」として出版され世界中でベストセラーとなりました。

2017年に有名なプレゼンの番組TEDで彼女は「腸」についてスピーチしています。(日本語字幕で見ることができます。)  彼女は脳と腸の奇妙な関係性についても解説してくれています。  

腸は脳にとって最大のアドバイザー

腸と脳は綿密なつながりがあります。

それは冒頭に述べた、ホルモンの関係でもありますがそれ以外でも多岐にわたります。

ストレスを受けているときは、その問題に対処するために、腸の活動性をおさえるように働きます。

腸の働きは抑制されるので、当然幸せホルモンも少なくなってしまいます。

では、腸の状態をどのように把握すればいいのでしょうか?

今の自分の腸が正常な常態か、そうでないかわかりますか?

判断する方法は2つあります。

  • お腹の音
  • 便の状態

お腹の音

お腹の音は、ただお腹が空いているからなるわけではありません。

腸を綺麗にしている時になる音なのです。

聴診器をお腹に当てると、正常だと5~15秒に一度ぽこぽこという音を聞くことができます。これが、1分以上遅くなると何らかの異常が起きていると判断できます。

ですが、この方法は一般的には使うことは難しいですね。聴診器が必要ですから。

便の状態

こちらのほうが、わかりやすいですね。

まずは、毎日出ていますか?

必ずしも毎日なくてはならないというわけではありませんが、一週間内となると異常ですよ。

気をつけてほしいのは、頻度よりも便の状態です。

便のやわらかさと、でみわけることができます。

便のやわらかさは、バナナ状のかたちを取っていれば大丈夫です。

色に関しては、黒っぽい便のほうが悪く、黄色っぽい状態がいい状態ということができます。

どうですか?今の自分の状態をなんとなく把握できましたか?

腸の状態を整える

腸の状態を整えるためにはどうすればいいのでしょうか。

腸の状態は、腸内細菌の状態とほぼいっしょです。

腸内には100兆個の最近が生息していると言われ、その多種多様な状態をお花畑という意味を込めて「腸内フローラ」と読んでいます。

CMでもよく聞きますよね。

この腸内フローラの環境を整えることが重要となります。

ポイントは3つです。

  • 食事
  • 睡眠不足の解消
  • 疲れ・ストレスの解消

食事

腸内細菌自体を増やす方法と腸内細菌の餌となるような食べ物を増やす方法があります。

腸内細菌を増やす食べ物

ヨーグルト、納豆、キムチ、味噌、チーズなど

腸内細菌の餌となる食べ物

野菜類、きのこ類、果物など

お肉や脂っこい食べ物はやはり、腸内環境のバランスを崩してしまうようです。

睡眠不足の解消

腸内環境を整えるには、腸が活発に働けるようにしなくてはなりません。

腸が働くのはしっかりとリラックスしている時間です。体が活動モードに入ってしまうと町の活動は抑制されてしまいます。

なので睡眠時間を確保することが重要となります。

疲れ・ストレスの解消

腸がしっかり働いてくれるときは、体がリラックスしている状態の時です。
ストレスや疲れが溜まってくると、体が休憩モードに切り替えにくくなってきます。
疲れているのに、休めない。そのような状況を改善していかなくてはなりません。

その方法は、入浴や軽い運動、深呼吸、水を沢山飲むなどの方法があります。
あとは、時分にあったリフレッシュの方法を試してみるといいでしょう。
自然の中を歩いたりするのも、効果的です。

まとめ

今回は、「こころ」を町から整えていくという話をしていきました。

ストレスを解消する方法は、腸を良くする方法と共通する部分が多かったと思います。

一点だけ異なるのは、食事が「こころ」にも影響を与えるという視点が増えることだと思います。

ジュリア・エンダースさんも、もしストレスを感じるようなときがあったら、昨日の食事を思い出して見るだけで、気分が変わってくるとはなしています。

「そうか、昨日は食べすぎちゃったからだわ。」と考え、食事は軽めにして熱いお茶を飲めば、気分が晴れてきます。

食事の面から、ストレスに負けない体を作っていきましょう。