予防医療

肩こりの時の整体は保険が使える?【保険適応外】

肩こりの場合、ほとんどの場合は保険適応外です。

理由は、整体は保険外のサービスであることと、接骨院では肩こりのような慢性疼痛は保険適応外になります。

鍼治療の場合は、保険が適応になりますので、保険を使いたい場合は、鍼灸院を探すか、病院に行くことがおすすめです。

お金をかけずに肩こりを治すには運動するのが一番いい方法と言えるでしょう。

保険が使えるものとは

まず、保険が使える医療的なサービスにはどのようなものがあるでしょうか?

病院の診察や薬。または、リハビリテーション。

あとは、接骨院や鍼灸院でも、保険が適応になりますよね。

これらに共通しているのは、医療行為もしくは医療類似行為であるという点です。

この2つの行為は、特定の国家資格や国の基準を満たしていないと行うことはできません。

国民の税金を使うことですので、当たり前といえば当たり前ですよね。

みんな抱えるリスクを国民みんなで抱えましょうという仕組みですから、何でも保険が使えてしまうと困ってしまいますからね。

肩こりは保険が使えない

肩こりの治療は、保険の適応外になることが多いです。

これは、接骨院の場合です。

なぜかというと、基本的に接骨院は慢性疼痛の場合は保険を使うことができない仕組みになっているからです。

ずっと痛い症状なのに、接骨院で保険診療ができるのは仕組みから考えてもおかしな行為になりますので注意してください。

あとは、病院でも肩こりという診断がつくことは有りません。

なので、肩こりで保険を使えることはないと思っていいでしょう。

整体も保険はつかえない。

整体は、そもそも医療行為ではないので保険の適応外です。

整体は、資格すら不要のサービスです。

体をもみほぐしたり、リラクゼーションを提供しているという名目で行っているサービス業です。

なかには、医療従事者が行っているところもありますが、その場合でも保険を使うことはできません。

保険外サービスなので、料金も整体の決めた料金になります。

肩こりで保険を使うには

それでは、肩こりで保険を使うことはできないのでしょうか?

肩こりで保険診療を受ける場合、病院もしくは鍼灸院で受ける方法があるでしょう。

病院に行った場合、肩こりという診断では治療を受けることはできませんが、他の診断名が付く可能性が考えられます。

胸郭出口症候群や、首肩手症候群などの診断をつけた上で、リハビリを受けるというケースもあります。

それらの、疾患に該当しなければ治療を受けることはできませんので、その点は留意してください。

次の方法は、鍼灸院での治療です。

こちらは、慢性痛にも対応していますので、保険を使って治療を受けることのできるケースが多いです。

お金をかけたくないなら運動するのが一番

保険診療にこだわる理由として、お金のことを上げるなら、お金をかけずに自分の時間をかけるのが一番確実な方法です。

自分の時間を使って運動すれば、腰痛も軽減していきますし、普段から運動の習慣をつけておくことで、予防にも繋がります。

なによりも、普段の生活のパフォーマンスが上がりますので、一番いい方法だと思います。

運動が苦手な人は、ウォーキングやストレッチなど比較的簡単にできる方法を見つけてみることをオススメします。

まとめ

整体は保険を使うことができない。

肩こりは基本的には、保険適応外。

病院や鍼灸院では、保険診療も可能な場合がある。

一番いいのは運動で肩こりを予防すること。