予防医療

万引き家族から見る日本人の心の問題。 

 先日、Amazon Primeで万引き家族という映画を見ました。あの映画には、日本の抱えるいろいろな課題が詰め込まれていました。万引き、年金の不正受給、行方不明、ネグレクト。

 映画の中の話だけではありません。このような貧困の問題は、そこらへんで起きています。

患者にも色々

 私の経験ですが、病院に入院している方でも、生活保護での暮らしをしている人であったり、ネグレクト(介護放棄)の状態にあったりする人がいます。

 早く病院から退院したい、という人と、ずっと病院にいたいという人がいます。その両者の違いは、病院に入院する前の生活がどのようなものだったのかという点にあると思います。

 引退前の年齢でも、生活保護を受給し、無料低額宿泊所での生活。無料低額宿泊所いわゆる「無低」。クローズアップ現代の記事を見るまで知りませんでしたが、いわゆる貧困ビジネスの問題です。

 中には、良心的な施設もあるのでしょうが、そうではない所も多いようです。

 ネグレクトにあった人はどうなってしまうのか。

 人のことを信じることができずに頑なに人を拒否してしまうのではないでしょうか。

 ネグレクトのせいで、栄養状態が悪化し、なおかつ寝たきりの状態にあるせいで、床ずれができてしまう。そんなこともあるでしょう。

 ネグレクトにあって、かわいそう。ネグレクトの被害者、加害者と分けて考えてしまいがちですが、ふたりとも被害者なのだと思います。

厳しい世の中の目

全てに完璧を求めすぎているのではないでしょうか。

悪者を見つけてひたすら叩くという風潮が強いですが、実際に存在するのは被害者ばかり、というような気がします。

ネグレクトにあった人は、かわいそうと言われることを拒否する傾向にあるのではないかと思います。

かわいそうという言葉は、被害者を生み出してしまいます。被害者を生み出すということは、同時に加害者も生み出してしまいます。

歪んだ形ではありますが、その家族を加害者にしないために、被害者であることを認めようとしません。

そのために本人には、どうすることもできないということが起こり得るのだと思います。

ネグレクトを受けた方が、抱えるのは不安なのではないかと思います。

自分が見捨てられるのではないか、という漠然とした不安。

そのような不安が続いている状態というのは辛いのだろうなと想像できます。

自分を信じられない不安

 見捨てられ不安の原因は、自分の価値を認めることができないというところにあると思います。

 自分が大切にされる存在だ、と信じることができないのです。

 私自身も、もともとその傾向がありますので、気持ちがわかります。

しかし、最近そのような人が多いのではないでしょうか。昔と現代を比べることはできませんが、そのような人が多いように思います。

キーワードは、「私なんて〇〇」といったところでしょう。

私なんて、根暗だよ。とか、私なんてダメだよとか。謙遜とは異なる自己否定が多いように思います。

謙遜と自己否定を履き違えている人が多いです。

謙遜を人に求めすぎて、自己否定を植え付けているようにも思えます。

それでは、どの段階で自己否定の芽が育ってしまうのでしょうか。

生まれたてが最強

生まれたての子供は、全員自分が大切にされるべき存在だということを知っています。

なので、困ったときには派手に泣き叫びます。

そのような本性があるのに、いつの間にか「人に迷惑をかけてはいけない」と叩きこまれます。

極端な話、人に迷惑を掛けるなら死んだほうがマシ。みたいなレベルです。まてまて、早まっちゃいかん。

そもそも「人に迷惑をかけてはいけない」という考え方は、いつから始まったのでしょうか。

江戸時代からそのようなことをいっていたとは思えませんし、最近生まれた価値観ではないかと思います。

おそらくではありますが、戦後の全体主義のようなものが根幹にあるような気がします。

高度経済成長の時代。みんなで同じ方向に進んでいくことで高い利益を出すことができていました。

そのために、足並みをそろえることが強要されてきました。

それで成果を上げることができていた時代は良かったのですが、現代はそうもいきません。

成果も上がらない上に生きるのも辛くなる。それなのに、「人に迷惑をかけてはいけない」という考え方を大事にするというのはどうかしてるんじゃないでしょうか。

インドだと

日本だと「人に迷惑をかけてはいけない」というのは当たり前のように言われていますが、海外だとどうなのでしょうか。

インドでは、「人様に迷惑をかけながら生きていくのだから、他人のことも許して上げなさい。」と教育されるそうです。

どんな事が起きたとしても寛容でいられるような教えですよね。

どっちの考えでもいいと思いますが、どうせ選ぶのなら幸せに近づける考え方を持っていたいですよね。

あなたは、どっちの考え方を持っていきますか?

合わせて読みたい