パフォーマンスアップ

コアトレーニングの効果とは?

コアトレーニングを行うことで、肩こりや腰痛などの予防につながります。

それだけではなく、高いパフォーマンスを発揮することができます。

スポーツ選手も積極的に取り入れているトレーニングを生活レベルでも取り入れてみることをおすすめします。

コアマッスルとは

コアマッスルとは特定の筋肉を指します。

  1. 腹横筋
  2. 横隔膜
  3. 多裂筋
  4. 骨盤底筋群

これらの筋肉が複合的に働くことで、効果を発揮します。

これらの筋肉がお腹の袋である腹腔を構成します。

コアが安定することで得られる効果

人間の体は、骨や筋肉、内臓などで構成されます。

人間の運動に関しては骨と筋肉が主役となります。

腕を上げる際には、肩甲骨と上腕骨がその間を結ぶ筋肉によって動かされます。

骨だけ見たときに腰の部分は腰椎以外支える部分がありません。

しかし、コアが働くことで状態の重さが腰椎にダイレクトに乗ることを防いでくれるのです。

腰痛の予防や肩こりの予防にも効果を発揮します。

他にもコアが安定することで、下肢や上肢の動きも安定します。

スポーツ選手には必須のトレーニングです。

サッカー選手の長友選手がコアトレーニングの本を出したのも印象的ですよね。

コアトレーニング入門

コアトレーニングは先程のべた4つの筋肉をバランス良く鍛えていくことが重要となります。

もう一度おさらいしましょう。

  1. 横隔膜
  2. 多裂筋
  3. 腹横筋
  4. 骨盤底筋群

の4つです。

深呼吸でも効果的に筋肉を動かすことができます。

ロングブレスダイエットはこの点から非常に効果的なトレーニングと言えるでしょう。

今回提案したいのは深呼吸に組み合わせる運動療法です。

四つ這いトレーニング
多裂筋エクササイズ

上の2つのトレーニングを、深呼吸と組み合わせて行うとコアが非常に促通されます。

コアトレーニングは、筋肉を大きく伸び縮みさせるような運動ではなく、体を固定させるよな力の入れ方をするトレーニングが効果的です。

ダイナミックなトレーニングではなく、地味ですが効果のあるトレーニングに取り組みましょう。

まとめ

コアトレーニングは体の不調を予防するのに効果的です。

生活のパフォーマンスアップやスポーツにいかす事ができるトレーニングです。

マシーンを使ったパワートレーニングもいいですが、本当に重要なのは地味できついトレーニングです。

深呼吸と合わせて取り組んでみてください。