パフォーマンスアップ

運動が続かない人は人参をイメージすることだ【目標設定】

疑問

前回、運動の重要性についての重要性の記事を書いた。

その中で報告されていたのは、運動することが重要だと感じているのに、時間がなくて運動することができないという結果だ。

さらに、調査の中では、運動習慣のない人の悩みについてきいたところ、

「休みの日は家でダラダラして過ごす」という回答が60%を超えていた。

いやいや、時間あるやん・・・。

と思う人もいるかも知れないが、気持ちはすごくわかる。

僕も何を隠そう、ダラダラするときには一日中、家でAmazon Primeを見る人間だ。(一日で、映画を5,6本、アニメなら、1クール。)

なにか行動を起こし、それを習慣にしたいと考える時に重要なのは「目標設定」だと感じているので、それについて解説していきたいと思います。

人間は弱い

最初の前提して、「人間は弱い」という考えについて考えていきたいと思います。

ここの全体によって目標設定が必要かどうかも異なってきますので、確認していきましょう。

大前提として、「人間は弱い」生き物だと思います。

何かを決めて実行しようと思った時に、それを継続できる人はどれくらいいるのでしょうか。

人は、お腹が空いたら、ダイエットをしていても食べてしまいます。

明日から、早起きしてから勉強しようと決意しても3日しか続かなかったりします。

生活や体でも、人間は変化を嫌います。

今までの普通を変えるためにはパワーが必要となりますが、人間が自分の意志だけで、生活や行動を変え、それを継続するということは、弱い人間にとってはすごい難しいことだと思います。

目の前に人参をぶら下げることで一歩出せる

それでは、どのようにして、自分の生活や行動を変化させていくことが必要なのでしょうか。

これは、どこで聞いたのか忘れてしまったのですが、「ディープ・インパクト理論」というものを利用することが大切です。

ディープ・インパクトとは2005年に無敵を誇った競走馬です。

この馬が、どうやってレースに勝利してきたかを語ってくれる小説が有りました。

その小説の中で、ディープ・インパクトは「大事なのは目の前に人参をぶらさげることだ」と教えてくれます。

「僕は、数々の戦いに挑んできたが、その秘訣は目の前のニンジンに向かって走る方法で勝利してきた。」

馬でも人間でも、目の前の報酬に向かってであれば、全力で走ることができます。

自分が明確にイメージできるような報酬を設定することが、何かを始めたり走り続けたりするときには重要になります。

思考停止を上手に使う

もう一つ別の方法もあります。

これは、歩みを止めるきっかけを潰す方法です。

自分の前に、人参をぶら下げたとしても、それを信じることができなくなると走ることはできなくなってしまいます。

馬も、この人参自分の体にくっついてるから、走っても全然近づかないやないか!って気づいたときには、もう走れなくなってしまいます。

何かを始める理由はあるでしょう。

ですが、続けていく上で、その理由が増えることは多くありません。

しかし、辞める理由は、考え始めたらいくらでも出てきます。

考え続けるうちに、続ける理由は3つしか無いのに、やめるべきだとか、うまく行かない理由を上げ始めたら、あっという間にやめるべき理由がたくさんになってしまいます。

そのような場合、その理由を解消できるなら、自分の頭を必死に動かして解消しましょう。

ですが、それが解消できないのであれば、それ以上考えても仕方が有りません。

足を止めるよりも、一旦、思考停止にしてとにかく続けることだけを考える方法を取ることも重要だと思います。

自分が最初にどうしたいのか明確であれば、雑音に対しては思考停止になることも有りなのではないでしょうか?

運動を継続するための目標設定

次に、目標設定の話です。

ここでいうべき目標設定は、いわゆる数値目標では有りません。

数値目標は、今までの行動を評価し、改善していくための目標です。

しかし、ここで考えるべき目標は、いわゆる人参です。

自分はどのような欲望を満たしたいのかということに対して、具体的なイメージを持つことが重要です。

例えば、男性が筋トレを始める理由に、ベンチプレスを100キロあげれるようになりたいという人がいます。

一見数値目標のようですが、これは、自分が100キロの重りをあげれる男なんだという承認欲求を満たしてくれるものです。

なので、イメージするのは、100キロの重りをあげている自分よりも、周りからちやほやされている自分をイメージすることで、原動力になるはずです。

ダイエットにしても、運動する時間を目標にするのは良いですが、その先にはどのような自分でありたいのかをイメージしてみてください。

スタイルが良くなって、異性の目を引きたいのか、同性から憧れの眼差しを集めたいのか。

自分にとって最適な「人参」が何であるかを考えてみてください。

その具体的な目標設定が、目の前の地道な努力を積み重ねる、礎となるはずです。

まとめ

人間は変化を嫌い、その変化から飛び出すことは難しい。

しかし、自分を変えていくためには、目の前に具体的な理想の自分をイメージすることが重要だ。

その具体的な状態をイメージすることで、目の前の地道な努力を積み重ねることができる。