ボディメンテナンス

肩こりによる頭痛は病院に行くべき?【頭痛専門外来もある】

頭痛の原因が肩こりだと思っていても実際には、病気にかかっていることも有りえます。

頭痛がひどい場合は頭痛専門外来という選択肢を頭に入れておきましょう。

頭痛の原因が肩こりだった場合は、運動を増やすなど生活から変えていく必要があります。

時分にあった効果的な方法で、肩こりや頭痛とはおさらばしましょう。

肩こりからくる頭痛とは?

はじめに肩こりから来る頭痛とはどのような頭痛なのでしょうか。

頭痛には、種類があります。

偏頭痛や群発性頭痛、緊張型頭痛など原因や症状によって分類されています。

その中で、肩こりが原因と言われているのは、緊張型頭痛です。

この頭痛は、肩こりによる血流不全が原因であることが多いです。

肩こりを抱えている方はこの頭痛であることが多いのではないでしょうか?

頭痛専門外来が効果的

軽い頭痛であれば市販薬で対処する方も多いかと思います。

しかし、症状があまりにひどい場合、病院に行くことも考えると思います。

自分では気がつくことのできない病気が生じていることも考えられるので、病院に行くことはおすすめです。

頭痛はどの病院に行けばいいの?と思う方もいると思います。

頭痛は、頭痛専門外来というかがあるのでそちらを受診することをオススメします。

頭痛専門外来では、どんな症状で何が原因かを詳しく調べてもらえます。

長引く頭痛の場合は、病院にかかることをオススメします。

肩こりが原因なら、それに対処する

緊張型頭痛の場合、肩こりが原因であることが多いです。

なので、頭痛専門外来でも肩こりに対する指導はあるはずです。

運動やストレッチなど肩こりの原因に対して適切なアプローチをする必要があります。

では、肩こりを治すためにはどうすればいいのか?

接骨院や整体院に行くのではだめなのかというと、それでも一時的に症状は軽くなることはありますが根本的な解決にはなりません。

肩こりは、自分の生活習慣が元で生じている生活習慣病だと思ってもらったほうがいいと思います。

肩こりは生活習慣病

肩こりは生活習慣病と思ってもらったほうがいいと思います。

肩こりをなくすには、肩こりが生まれない生活を過ごす必要があります。

生活自体が問題でそこから症状が生まれますので、一時的に骨格矯正をしても再発するのは自明のことです。

原因に対してアプローチするということは、その人の生活にメスを入れるということなのです。

これは、けっこう大変なことです。

なので、一回の治療でよくなるゴッドハンドなどをもてはやしがちなのですが、本来必要なのは自分の生活習慣を改めることだと思います。

ですが、このようなことを言ってしまうと治療院に人がこなくなってしまうので、先生は教えてくれません。

治療院に行くことを生活の一部として取り入れるというくらい割り切っているのであれば問題有りません。

ただ、闇雲に運動やストレッチを取り入れても長くは続きません。

大事なのは、続けることです。

一日サボったとしても次の日から始められる運動を組み込んでおきましょう。

効果的な運動を取り入れる。

肩こりに対して効果的な運動はたしかに存在します。

ですが、効果的な運動でも続かなくては意味がありません。四つんばいになって体幹トレーニングをするのは、肩こりに非常に効果的です。

しかしながら、運動習慣のない人がそのような体幹トレーニングを生活の中に取り組むのは難易度が高めです。

なので、効果的な方法は、その人の生活を運動に変えていくことです。

家の中の役割や毎日行う必要のあるものを運動に変えていきます。

お掃除ロボットは便利ですが、あえて雑巾がけに切り替えるとか、通勤は階段しか使わないなど、工夫次第で一日の運動を増やすことができます。

このときに大事なのだ自分との約束を作っておくことです。

「もし、階段とエスカレーターがあったら、階段を使う。」

「もし、移動距離が2キロ以内であれば歩く。」

などなど。

このような決まり事を作っておけば、いつの間にか生活の活動量が上がってきます。

些細なことでも続けることが重要です

まとめ

肩こりが原因だと思っていても、脳に障害が生じている可能性も捨てきれません。

頭痛がひどい場合は、病院に行ってお医者さんに調べてもらいましょう。

頭痛専門外来がある病院が近くにある場合はそちらに行ってみましょう。

肩こりが原因だった場合は、肩こりが生じない生活を作ることが大切です。

いくら整体や接骨院に行っても同じことの繰り返しになってしまいます。

自分の生活を見直し、肩こりや頭痛とはおさらばしましょう。