雑記

ふとネガティブになる

今日は4件だったのに家に帰ってきたら疲労感がすごかった。

なぜこんなに疲れているのか自分でもわからなかった。

疲労感の原因はいろいろあるとおもう。

そのうちの一つに長寧環境が乱れていることが挙げられる。

腸の状態、つまり食生活の乱れが生じていたのだと思う。

最近、玄米を食べることも納豆を食べることも減っている。

朝米を炊くと、ロフトの構造上、ベッドが熱くなってしまい、目が覚めるということも原因の一つだと思われる。

あとは、明かりが問題な気がする。

ベッドに窓からの光が割とちょくで入ってくるために目が覚める。

ねていられる日もあるが、たいてい目が冷めてしまう。

今までは期にしたことがなかったが、やはり家というものはお金をかけるべきところだと思う。

安すぎるとけんこうに影響が出る。

間違いなく出ると感じる。

特に今住んでいるところは、予想以上に多湿で空気が悪いと言わざるを得ない。

カビの菌を吸いまくっている気がする。

過去に住んでいた家がどれも住みやすい家ばかりだったと今にして思う。

そして、一刻も早く今の現状から抜け出したいと感じる。

しかし、この家の契約は1年立つ前に引っ越すと違約金として、一ヶ月分の家賃を取られてしまう。

それは正直面白くない。

なので、一年以上はここにいると思うが、この一年で大きく成長していることだと思う。

1年後には、中古アパートを一投購入していると思われる。

今後の景気がどのように写っていくのかわからないが、今はとにかくコツコツやるしか無い。

最初に決めた目標を愚直に守り続ける。

どんなことがあろうと、だ。

支出の削減には限界がある。

収入を伸ばしていきたいところだが、アフィリはなかなかうまくいかない。

そのうち当たるかもしれないが。

足立先生は、日記を書いても意味がないといっていたが、今時分が書いているのは日記以外の何物でもない。

積み重ねているようで、大したものを積み重ねていると言えるような状態ではない。

人様に読んでいただけるような文章も書けていない。

ただ感情を吐き出しているようなものだ。

ここで書いていることが将来につながると信じることだ。

信じるだけではなく、具体的なアクションプランに落とし込むことだ。

単に毎日書けばいいとは思わないが、自分なりに頭を使って物事を隔週刊のようなものを見に付けたい。

じぶんは大したことのない人間だ。

もっと根性のある人であれば、もっと中身のある文章を書き続けられるのだと思う。

しかし、自分は毎日書くので精一杯だ。

調べればいいのだが、できていない

でも、毎日愚直に続けていきたい。

今日の収穫は、、天丼理論だ。

素晴らしい話だった。

天丼理論と検索しても出てこない。

これは、加藤静六先生の書籍に出てくる理論だ。

ちなみに加藤先生は、収入の1/4を貯蓄するように勧めている。

バビロンは1割だったが加藤先生はややストイックだ。

やはり投資する人は人の力を上手に使っている印象だ。

自分もそのようになれるように、1/2の貯金を続けていきたい。