雑記

加速させる道を選ぶ

年収と、実際の手取りには乖離がある。

例えば、年収が500万円だったとして、手取りは390万。

手元に残るのは78%。

結構きつい。

サラリーマンは生涯年収3億とか言うけど、実際手元にはそれほど残らないよねーとがっかりしてしまう。

さらにいうと、生涯年収3億は昔の話であって現代の理学療法士の年収でいうと、なかなか厳しいのではないかと思っている。

つまり、生涯年収3億とか夢幻の世界のような気がしている。

終身雇用制ではないので、給料はもう上がらないものだと思っている。

現状の給料が限界。

もしかすると、管理職などに昇進すれば、見た目の給料は上がっているかもしれない。

だが、管理職のストレスたるやどんでもないものとおもう。

純粋に管理職の皆さんには、敬意しか無いですわ。

管理職なんて大変なだけでいいことないですよ。

管理職の方々は、下からは突き上げられますし、上からは圧力。

いいことないです。

成長とか、昇給とか、夢だとかなんだとかの餌をちらつかせてきますけど、その職場で一生懸命頑張ったところで、労働力をただたんに持って枯れるだけとしか思えません。

どうしたものか。

今の段階だと、ようやく生活防衛費を捻出できたと思っています。

旧に収入が途絶えても、数カ月はなんとか生きていけます。

なんで、責の姿勢に転じることもできるわけです。

正社員ルートであれば、来年の5月以降に融資を引っ張って、家でも持つことを前向きに考えていた。

ですが、融資といえども、借金。

あまりいいことではないように思う。

正社員のままでは、ボーナスと言ってもたかが知れているし、歩合もたかが知れていると思っている。

仮に、1件4000円と考えた時に、350000を一つの基準と考えたい。

そうなると、90件を超えるとそのあたりのボーダーを超えてくる。

先月の成績だと、それくらい超えている。

ちなみに今月は80件くらいだ。

その気になれば、20件くらいは増やすことができる。

となると、月々40万円ほど振り込まれるようになるだろう。

もう一日働く日にちを増やせば、40件くらい増やせる。

となると、月の手取りは50万円ほど狙えるだろう。

攻めに特化すれば、そのような数字も狙うことができる。

だが、それは急ぎすぎているように思える。

歩合に切り替えるのであれば、場所をずらしていったほうがいい。

軸ずらし。

週5日を1日増やしつつシフトしていく。

だが、それは大工をやってからだな。

正社員は、まだ続ける。

来年でやめる。

それまでの間は、バイトをしながら収入をさらに増やしていく。

月に20万円の貯金ができれば、更に加速させていくことができる。

とにかく金を貯めることだ。

久々に、通帳記帳してきた。

まだ、2行。

たった2行。

これを10行ほど重ねることができれば、説得力が出てくる。

10行つなげれば、150万。

加速させていく。

実際には、15万円貯金し続け、残りの金額は、投資信託でインデックスファンドにでも打ち込むか。

もしくは、積立NISAでちょっとした節税にでも取り組むかを考えていく。

どっちにしろ茨の道になるだろう。

日々の積み重ねをちょっとずつやっていくしか無いな。