雑記

組織論

現在働いている、会社に動きがありそうだ。

チームの構成がバランスを崩しているような状態になっている。

リーダーがいなくなる。

予定だ。

それに合わせて、リーダーの要請があった。

そういう立場になるわけではないが、そのような業務を行わなくてはならない状態になりそうである。

ここで問題だ。

基本的に、管理職にはなるメリットがない。

管理職になることで、成長できるという人がいる。

ある面では真実かもしれないが、ある面では嘘だと思っている。

はっきりいってしまうと、そこで成長できる人は別の環境でも間違いなく成長できるはずだ。

なぜならば、管理職というものはソケットでしかない。

そこにハマるだけで、自分の力が伸びているわけではない。

成長に見せかけているが、自分自身の戦闘力というものは高まることはない。

なぜなら自分で判断をする機会がないからだ。

会社であれば、どのように動いたとしても上司の意向というものが、自分の行動に関わってくる。

結局は自分で考えることも決めることもない。

そのような環境でどのようにして成長しろというのであろうか。

責任と仕事量だけがかさんでいき、昇給もするがそれもなれる。

結果残るのは莫大な仕事量とストレスだけだ。

昇給により生活水準が向上しており、お金はたまらない。

結局、管理職で昇給というものは、うそなのだ。

会社の経営者や管理職によって作り出された幻想でしか無い。

それを、わかっているのか、あやしんでいるのかはわからないが、管理職を止める医療職はたくさんいる。

医療職の場合、患者と関わることでエネルギーを貰えるものである。

それが減ってしまうと、ストレスばかりたまっていくのは自明の理だ。

さて、そのような状態でどのように対処するのかということが問題だ。

結論としては、役職にはつかない。

しかし、関連業務はこなしていくというような方針で行きたいと思っている。

代わりに、リハの無い日。

テレワークの日を作り出していく。

最初は、出社してもいいが、会社に行かない日を作っていく。

そして、週4出社をつくりだす。

現状の給与水準は維持しつつ、そのように対応していくつもりだ。

そのための仕組みを作り出していく。

はじめに作るべきなのは、週間予定表だ。

現状非常勤スタッフ、常勤スタッフの一週間のスケジュールを把握できていない。