雑記

自分を広げていくにはどうすればいいか

自分を広げていくにはどうすればいいか。

日常を繰り返していくことも大切なことだとは思いますが、新しいことに挑戦し続けることは大切だと思います。

自分を成長させるには、今までにない環境に身を置くことは重要でしょう。

しかし、従業員として働いているうちは、簡単に仕事を変えることは難しく、代わり映えのない日常を繰り返していくことになるでしょう。

そのような場合であったとしても、変化のある日常を作り出すことは可能です。

一つの方法は、副業に取り組むこと。

もう一つの方法は、本や映画で疑似体験することです。

副業の場合

副業の場合。

新しい出会いがあるはずです。

普段とは異なる環境。

自分と同じ業種であっても、環境が変わると案外仕事の方法は違うものです。

人も変われば、仕事のやり方も変わります。

本業の方にもいい影響を与える可能性もあります。

ちなみに、副業で雇われる場合は、全く異なる仕事をすることもできます。

タイミーやカイスケなど、最近ではワークシェアリングの仕組みが充実してきているので、気軽に一日単位で働くこともできるようになっています。

新しい環境に飛び込むことで、新しい人との出会いがあるはずです。

本や映画

もう一つの方法は、本や映画の世界に飛び込むということです。

この方法は、自分の知らない世界かつ、過去の偉人の世界に飛び込むことができます。

本を読むことは、自分以外の人生を生きることができるということです。

本には今までの人類の英知が蓄積されていると言っても過言ではありません。

インターネットの情報も悪くは無いですが、いい加減な情報もあります。

それに比べると、過去の名作を読むほうがよりいいとでしょう。

昔に書かれた本でも、現代に通じるところはあります。

しかも、現代にも残っている本は、時間のふるいにかけられた素晴らしい教えが凝縮されているものがほとんどです。

本を読むことで、自分の思考回路とは全く異なる考えをすることができるはずです。

本や映画もいいですが、ただ、受け身で情報を入れてもいいわけではありません。

そこから得られたものを自分のものとできるかどうかで、異なる結果になるはずです。