雑記

自分に求められる正常な努力【夢や目標との距離】

新年度になり、それぞれの職場では目標設定が行われる所も多いのではないでしょうか。

多くの職場で行われる目標設定も、正しく利用できておらず、形骸化してはいないでしょうか?

目標設定は、今日行う正常な努力のためのものです。

なので、今回は目標設定が行動を起こすためのものであるということを他の用語も使いながら解説していきたいと思います。

新年度がはじまる

今日から、新年度が始まりますね。

コロナウイルスの影響で、例年通りのようには行かないところが多いと思いますが、それぞれの職場に新人が入職してきたり、環境の変化が見られているのではないでしょうか。

新年のどの始まりには、それぞれの職場での目標設定などが行われるのではないでしょうか。

目標設定は重要だと認識できている人は多いと思いますが、なぜ目標設定が重要なのか説明できますか?

適切な目標

僕の考えでは、目標設定によって自分の進む方向を決めることができると思っています。

人によっては、目標設定は必要ないというような考えもありますが、今回はそれはおいておいて、どのようにして目標を利用していけば良いのかを考えていきたいと思います。

個人的には、目標がある方が柔軟な行動にかけてしまうというような考えにも共感できます。

これは、「仕事は楽しいかね?」という本で解説されていますので、一度読んでみてください。

目標設定すぉすることで、現在地と目標までの距離を確認することができるので、自分の努力が正しいのかを判断することができます。

そして、目標を設定するには、目標だけ考えればいいというわけではないと思っています。

目標を考える前に、自分の夢とはなんなのか。

自分の目的とは何なのかを考えておくことが重要だと考えています。

夢、目的、目標、ゴール、ビジョン

夢や目的、目標の意味について整理しておく必要があると考えています。

夢→自分の理想の姿

ビジョン→夢を具体的にイメージしたもの

目的→最終的に達成したいこと

目標→夢や目的を達成するための道標

ゴール→目的を達成するときの目標

これらの用語を理解することで、目標の立て方が大きく変わってくると思います。

目標は、目的を達成するための道具のようなものです。

なので、夢や目的がないのに、目標だけ建てるというのはナンセンスと言えるでしょう。

このあたりの言葉の整理がつかないまま、形式だけの目標設定が行われている職場は多いのではないでしょうか。

なかなか、言葉だけで納得を引き出すのは難しいとは思いますが、職場のマネージャーはこのあたりの意味合いを職員の間に浸透させていく必要があると感じています。

大事なのは行動

目的や目標を設定するのは重要ですが、それを達成するためには行動が必要です。

行動は基本的には大変なものです。

何より継続して行うことがとっても大変です。

その行動を強化するのが、ビジョンだと思います。

ビジョンが明確だからこそ、その日の大変な努力を続けることができるのです。

今日の行動を引き起こすためにあるのが、ビジョンや目標設定だと思います。

目標設定が形骸化しているかどうかは、目標設定によってその日の行動が左右されるかどうかを判断してみると良いでしょう。

目標設定により、その日の行動が変わっているとしたら、いい目標設定だと思います。

短い距離での目標設定をして、それが達成できたときには自分を褒めてあげてください。

そうすることで、行動がどんどん強化されていくはずです。

まとめ

新年度の始まりに行う目標設定は形だけ行うのはもったいないです。

目標設定がどのような目的のもとに行われるのかを正しく理解し、自分の行動につなげていきましょう。

そして、夢や目的に向かって一歩ずつ前進できるといいですね。

そして、次の新年度の時に良い振り返りができるように頑張りましょう。