雑記

法人登記を代行で行うべきか

株式会社の設立は昔に比べるとハードルが下がっています。

以前は株式会社の設立には1000万円の資本金が必要でしたが、2006年に行われた会社法の改定によって、条件が見直され、現在では資本金1円からでも株式会社を設立できるようになっています。

資本金1円の会社ということは、お金がなくても会社を設立できるの?と疑問に思うところです。

実際には会社設立の費用は20万~30万ほどかかります。

それにくわえて、会社を維持するための費用として、法人税7万円と決算公告の費用がかかります。

決算公告の費用は方法によって大きく異なりますが、電子公告を選んだ場合は他の方法に比べて、安く済ませることができます。

例えば、自社のホームページに掲載する場合は費用はかかりません。

ただし、5年間の公告が義務となります。

帝国データバンクなどの公告サービスを通じて掲載するのであれば、年間3万円+消費税で賄うことができます。

つまり、会社を運営していくためには、初期費用とランニングコストが必要となるわけです。

法人設立の費用

法人設立の費用は、①資本金②定款認証費(電子の場合、定款認証手数料5万円、定款謄本保存料300円)③登録免許税15万円、は最低でもかかります。

つまり、合計20万300円はかかる計算となります。

この金額をためておくと、株式会社の設立自体は可能です。

それとは別に事業収入を作る必要があります。

最低でも、法人税の分は必要です。

つまり、年間7万円。

会社のホームページに決算公告する場合は、別途ホームページのランニングコストがかかりますので、その分も利益として計上できるかたちを作る必要があります。

代行業者がある。

株式会社の設立の代行業者というものが存在しています。

格安で、株式会社の設立を請け負ってくれます。

結構たくさんありますよね。

会計ソフトで有名なfreeeも会社設立代行を請け負ってくれています。

費用は、20万7千円。

必要最低限な金額とプラスアルファで手数料7000円くらいの金額で設立できてしまいます。

僕も設立の際は、freeeをつかって設立しようと考えています。

freeeで会社設立をした人のブログがあるのでそちらを参考にしたいと思います。

その際に必要なものがこちら

  • 20万7,000円(設立するのに最低限必要な費用)
  • 会社印鑑(「会社設立 freee」内でも購入可能)
  • 個人印鑑
  • 個人の印鑑証明(2部)
  • 身分証明書(運転免許証、パスポートがベスト)
  • 資本金(いくらにするのかを含めて、お金を用意)
  • 資本金を入れる用の個人の通帳(現在使用中のものでよい)

自分の現状はどうか考えると、

  • 20万7,000円 ◯
  • 会社印鑑 ✗
  • 個人印鑑 ◯
  • 個人の印鑑証明(2部) ◯
  • 身分証明書 ◯
  • 資本金 ◯
  • 資本金を入れる用の個人の通帳 △

というような状況です。

資本金0円の会社であればすぐにでも設立できそうです。

しかしながら、資本金として100万円くらい入れたほうが会社としての信頼も得られるそうなので、そこまでは頑張ってためたいと思います。

つまり、現金は120万円くらい必要になります。

ですが、場合によっては半分くらいの費用で法人設立したあとに、資本金として追加していくことも選択肢としてはありだと思います。

この資本金という考え方が、何なのかは簿記を勉強しておいたのが良かったと感じています。

簿記を独学で勉強していたのですが、再度資格取得を目指してみるのもいいかなと感じています。

代行で行うと現実的だが事業収入は必要

法人設立自体は、それほど高いハードルが無いように思えます。

問題は、事業収入をいかにして作るかという点でしょう。

ここを改善する方法は、サラリーマン法人という選択肢です。

サラリーマン法人とは、今の会社にいながら株式会社を設立してしまうことです。

そして、今まで行っていた会社の仕事を業務委託として引き受けることです。

業務委託としての給料の交渉は必要ですが、社会保険料などを考えると、会社の負担は減るので、手取りの額面は増えると考えられるはずです。

会社からもらえるお金を、自分の会社に入れてそこから人件費をもらうのです。

ちなみに、自分の会社から人権として払う金額は自分で決めることが可能です。

自分がもらうのは300万円に設定して、家族がもらう金額を20万に設定すると、その20万円分は申告対象外になるので節税対策として効果的です。

この方法を取ることができると、すぐに売上を作ることが可能となります。

まとめ

本当に現代では誰しもが会社を持つことができる世の中になったと感じています。

ちょっと調べれば、豊かになるチャンスはたくさん転がってそうですね。

今回は法人設立の代行について考えてみました。

僕は、freeeを使ってみたいと思っています。

設立の際には、またブログで発信していきたいと思っています。