雑記

理学療法士としてのアドバンテージとは

理学療法士としての将来に不安を感じている人は多いように思います。

なぜ、不安なのかを今一度考えていきたいと思います。

しかし、20代の理学療法士は悪くないと思っています。

資格を持っていて、スキルや経験を積み重ねやすい環境にあります。

なので、資本主義社会を生き抜くための資本を蓄積しようと思えばそれほど難しくないと思われます。

特に関東圏では、単価の高い訪問看護からの訪問リハビリテーションに就職しやすいからです。

訪問リハの職場に就職できれば、基本的な給料は20代であっても400万以上は確実で、うまく行けば600万円超えも可能です。

生活コストを落とせば、かなりの額を貯金することができるはずです。

その割に、普段の業務は、医師や看護師などの医療職に比べると、ストレスを貯めにくい境遇にあります。

そして、うまく立ち回ることができれば、時間もたくさん生み出すことができます。

つまり、20代の理学療法士は正直無敵だと思います。

これの原因は、理学療法士の報酬体系が個人のスキルに関わらず、一定であることが原因です。

これは、技術の未熟な若いうちは圧倒的なアドバンテージとなります。

3~5年ほど真剣に技術を学べばそれなりのスキルを身につけることは可能です。

その状態で、20代後半に突入します。

次に、30代の理学療法士です。

さきほども、述べましたが理学療法士の生産性は、20代の頃ですでに最大化されているはずです。

あとは、管理職、つまり、マネージャーとして、たくさんの部下を効率的に働かせる路線しかありません。

ここの競争もかなり厳しいです。

たくさんの同世代のライバルがいて、全員が上に立つことができるわけではないからです。

つまり、30代になってしまうと、かなり厳しい状態になります。

自分のスキルを別の方向に活かすなどの対処法をしなくては、経済的な豊かを得ることは難しいはずです。

20代で結婚して子供がいる療法士のカップルもいますが、正直、厳しいと言わざるを得ません。

20代の余裕のあるうちに経済的な基盤を作っておきたいところですが、余った資本は子育てに投入するしかありません。

そして、子育てが終わる頃まで、療法士として活躍することになると思いますが、今の20代の世代では相当厳しいことになると思われます。

特に、30代、40代はかなり厳しい。

今の20代が、30代、40代になる頃には、今のその世代が味わってきたような甘い蜜をすすることは基本的に不可能だと思ったほうがいいでしょう。

なので、考えなしに生活していると、本当にラットレースから抜け出すことが難しくなってしまいます。

しかし、20代のうちの方向性が定まれば、正直20台のセラピストの環境は悪くありません。

すぐに個人としての天井までたどり着くことができるからです。

であるならば、個人としての天井の状態で、資本を蓄積し次なる挑戦を繰り返していけば、どこかのタイミングで成果が上がっていくはずです。

この方法は、職場の中で出世競争を勝ち抜くよりも、経済的な豊かさを実現させる確率が高いと思われます。

なぜなら、そもそもその職場で出世したとして、豊かになれない可能性も高いですから。

それに比べると、失敗するたびに経験を積み重ねることで、次の成功の確率を少しずつ高めていくことができるからです。