理学療法

目先の年収を追うな!目的を持て!

理学療法士系のブログを見ていると、年収700万がうんたらかんたら、転職で収入が上がったなどという記事が多く書かれています。

確かに、転職することで理学療法士の年収を上げることは容易に可能です。

しかし、一般的な転職による年収アップと理学療法士の年収アップでは、その実が異なるように思えます。

今回は、理学療法士としての「転職」をどのような位置づけで行うことが良いか考えてみました。

一般企業の転職は何を評価されているのか

はじめに、理学療法士としての転職と、一般企業における転職の意味合いが大きく異なるということについて考えていきましょう。

一般企業では、個人のスキルが高い、つまり時間あたりの生産性が高いことを評価されているケースが多いです。

今までの職場での実績をもとに、今後も同じようにその能力を生かしてくれるだろうとみこして、採用するわけです。

中途採用の場合はそのあたりを特に評価されると思います。

しかし、理学療法士の場合は、個人のスキルを評価されているわけではなく、働く仕組みの単価の差が給料に反映されているケースが多いです。

個人のスキルを磨かなくとも、人材不足で、単価の高い業界に転職すれば、年収を上げることは容易に可能だと思います。

よくあるケースは、医療業界から訪問看護への転職です。

家族を養っていくために、給料の高い業界へと転職するのはよくあるケースだと思います。

簡単に転職できることで、刃を砥がずにいるリスク

一般企業では、スキルが評価されて採用されていますが、理学療法士は個人の要素を評価されずに採用されます。

それは、ある意味では危険なことです。

個人の要素を磨かなくとも、収入が上がるということがわかると、個人としての研鑽を怠ることに繋がりかねません。

現状では、問題なくとも、今後、需要と供給のバランスが傾いてきた時に、自分の実績を言葉で説明できるような人になっているでしょうか?

そして、もう一点。

現状で、収入の良い業界は、訪問看護だと思います。

固定給+歩合制のとこに勤めれば、年収700万も現状では現実的な数字だと思います。

しかし、現状の単位であれば、それが可能なのです。

単価が下がってしまうと収入が下がることに対して、抵抗策を取ることができません。

私は〇〇ができると言える

どのような職場でも生き残っていくことができるのは、「私は〇〇ができる」と言えるような物を持つことです。

〇〇は机上の空論ではなく、過去の実績を話すことで説得力を高めることができます。

つまり、今後考えていかなくてはならないのが「どんな〇〇」を持つかという視点だと思います。

この、「〇〇」は資格ではないですよ。

勉強ができることをありがたがるのは学校で卒業しましょう。

資格だとするならば、その資格をどのように職場に落とし込むことができたのかということを話す必要があります。

例えば、専門理学療法士をとっていると聞けば、理学療法士であれば尊敬することはあるかもしれません。

しかし、組織運営の立場から見ると、その資格をどのように活かすことができたのかという視点は気になるところだと思います。

「専門の知識を生かして、リハ科内での勉強会を開催し、スタッフの臨床技術の向上に貢献しました。」

これであれば、組織から見た時に、その人のスキルや経験・技術を評価してくれることがあると思います。

つまり、どのような「〇〇」を持つかを決めたあとに、必要な資格を取得するということは有効な手だと言えます。

大事なのは、自分の価値をどこに持ってくるかを決めておくということだと思います。

自分の武器を作る方法

それでは、自分の「〇〇」はどのようなところを狙ったほうが善いのでしょうか?

ここで、多くの人は自分の得意な部分を探し出そうとします。

自分の得意なところを伸ばしたほうが良いというのは、ごもっともだと思います。

しかし、自分の得意な部分というものがどこか?という問題にぶち当たります。

その結果自分の得意な面を考え続けて、行動には一切つながらないという残念な結果になってしまいます。

自分の得意なところはわからない。

その視点を持つことで、取るべき戦略は変わってきます。

その場合、とにかくなんでもやってみる作戦にかわるのではないでしょうか?

そうなったときに、はじめに手を付けるのは、職場の問題点を改善することです。

自分の最も身近な問題点から手を付けていきましょう。

その過程で生まれる経験こそがあなたの武器になっていくはずです。

問題を解決するために必要なこと

問題を解決する際にわかっておいてほしいことがあります。

それは、個人の力ではなんとかできなかったから、現状の問題になっているということです。

すなわち、解決するためには、周りの力や知恵を借りる必要があります。

個人の努力でなんとかなるような問題かもしれませんが、周りの人と協力するということも重要な経験になります。

挑戦するのであれば、自分が壁にぶつかったときも一緒に乗り越える原動力になると思いますので、積極的に取り組んでみてほしいです。

まとめ

目先の年収を追い求めるのではなく、自分がこの先どのような武器を持って働いていくのかということを考えてみましょう。

その視点を持った上での転職であれば、大いに挑戦すべきだと思います。

はじめは、自分は何ができる人かの棚卸しをしてみてはいかがでしょうか?