仕事の記録

【理学療法士】会社勤めを続けることのリスク

理学療法士として、会社勤め以外の選択肢を模索しています。

友人や先輩にはそんな大変な道よく選ぶね。だとか、そんなに色々できないよ。

などという言葉をもらうことがあります。

僕にとっては、普通に努めることのリスクを考えた上での行動です。

会社員としての理学療法士

理学療法士として、病院努めだけを努めることはリスクと考えています。

現在、理学療法士の平均給料は406万円です。(平成28年 マイナビコメディカル)

平均の給料ですので、もっと良い給料をもらっている人もいれば、それほどもらっていない人もいるはずです。

資格を持っているだけで、これだけ水準の給料をもらえるというのは、非常に有利なことと思います。

しかしながら、未来の予測は、あまり良い結果では有りません。

将来の平均給料は300万~350万円程度になるのではないかと予測しています。

これは、若い層が更に増えることも影響しています。

しかし、中堅層になったからと言って必ずしも、組織の管理職につけるとは限らないと思います。

組織の管理職につくことができれば、企業規模が大きければそれなりの水準の給料を取ることが可能と見ています。

現在でも、要職についている人間は800万円以上の給料をとっている人たちがいます。

組織内部の競争に勝つ道は、ある意味安泰ですが、今の20代や30代にはライバルが非常に多く、険しい道程とみています。

仮に給料の水準が保たれたとして、現状と同じ生活水準を保てると考えるのは楽観的と見ています。

なぜなら、①税金は上がる②物価も上がる

と予測が立っているからです。

国の借金は増え続け、財政を圧迫しています。

消費税が法士として、会社勤め以外の選択肢を模索しています。

友人や先輩にはそんな大変な道よく選ぶね。だとか、そんなに色々できないよ。

などという言葉をもらうことがあります。

僕にとっては、普通に努めることのリスクを考えた上での行動です。

会社員としての理学療法士

理学療法士として、病院努めだけを努めることはリスクと考えています。

現在、理学療法士の平均給料は406万円です。(平成28年 マイナビコメディカル)

平均の給料ですので、もっと良い給料をもらっている人もいれば、それほどもらっていない人もいるはずです。

資格を持っているだけで、これだけ水準の給料をもらえるというのは、非常に有利なことと思います。

しかしながら、未来の予測は、あまり良い結果では有りません。

将来の平均給料は300万~350万円程度になるのではないかと予測しています。

これは、若い層が更に増えることも影響しています。

しかし、中堅層になったからと言って必ずしも、組織の管理職につけるとは限らないと思います。

組織の管理職につくことができれば、企業規模が大きければそれなりの水準の給料を取ることが可能と見ています。

現在でも、要職についている人間は800万円以上の給料をとっている人たちがいます。

組織内部の競争に勝つ道は、ある意味安泰ですが、今の20代や30代にはライバルが非常に多く、険しい道程とみています。

仮に給料の水準が保たれたとして、現状と同じ生活水準を保てると考えるのは楽観的と見ています。

なぜなら、①税金は上がる②物価も上がる

と予測が立っているからです。

国の借金は増え続け、財政を圧迫しています。

消費税が2019年10月に10%に上昇しました。

この流れは今後も続くと思います。

1983年に3%、1997年に5%、2014年に8%、2019年に10%。

最初は抵抗が大きかった税金も、いまでは仕方がないというような流れになっています。

合わせて把握しておく必要があるのは、法人税は落ちているという点です。

法人を持つものには税率が優遇され、従業員は高い税率を負担するような世の中になっています。

物価も上がる。

物価は上がります。今も上がっています。

なぜ上がっているのかというと、円の価値が落ちているからです。

100円とバナナが同じ価値があったとしましょう。

円の価値が落ちるということは、100円で買えたバナナが150円出さないと買えないということがおきます。

なぜ円の価値が落ちているのかというと、国が沢山お金を発行しているからです。

いい悪いではなく、そのような現状があるということを認識しておきましょう。

なので、仮に同じ給料をもらったとして、円の価値は落ちているので、生活水準は落ちていきます。

この2つの要素から、給料での生活水準は先が暗いと見ています。

僕は贅沢をしたいと語ることが多いです。

そのときに、僕の考える贅沢と周りの考える贅沢の水準の差を感じることが多いです。

現状の生活水準は、未来では贅沢になるはずです。

先程の理由が根拠となります。

国民の金額ベースでの生活水準は、落ちていきます。

年収300万~350万円は生活水準としてはいいほうだと思います。

夫婦共働きで、年収500万~600万くらいで推移するのではないでしょうか。

金額ベースでは落ちてしまいますが、現代社会では安く楽しめる娯楽はたくさんあるので、それほど困らないとも言えます。

しかし、選択肢の幅は大幅に減っていくはずです。

贅沢をしたいというわけではないと語る人を見ると、今の生活は十分に贅沢な生活なんだよと思ってしまいます。

そして、本当に贅沢したくないのかと思ってしまいます。

努力する道や挑戦する道を歩むのは、大変な道かもしれません。

しかし、それをしない理由として、自分の欲望を欺くことは長い目で見たときに自分のためにはならないのではないでしょうか。

あいつは金に走った。と言われる件について。

お金のことをきちんと話のできる人間は少ないと感じています。

当然といえば当然なのですが、日本人としてお金についての教育を受ける機会は全くと行っていいほどありません。

お金のことについて語ること自体が、タブーとされているフシがあります。

お金についての正しい知識があれば、正しい使い方をすることができれば、もっと沢山の人が豊かな人生を送ることができると思います。

それなのにも関わらず、「あいつは金に走った」「金を稼ぐ方にいった」などという言葉を浴びせられることがあります。

金を稼ぐという後がどのようなことかを考え直す必要があります。

給料としてもらう以外の方法を考えなさすぎてはいないでしょうか。

お金は「稼ぐ」ものです。

「もらう」ものでは無いと考えています。

お金は、世の中に価値を提供した対価として、支払われることが多いです。

たくさんのお金を「稼ぐ」ことができたということは、それだけ「たくさんの価値を世の中に提供できた」ということです。

その行為が、どうして人に責められるようなことになるのか疑問です。

そのような思考でいるので、沢山の価値が提供されない日本になってしまっているのだと思います。

抜け道を使え!

今までの王道ルートの位置は険しく、狭き門があります。

その道を通るには多くの競争と努力を続ける必要があります。

同じ組織の中で出世していく道です。

このルートが有効なのは、大きな組織に所属することが必須です。

小さな会社では、潰れてしまうリスクが大きいです。

一つの会社に依存するのは、リスクが大きいと感じています。

一つの会社で自分のスキルを高め、他の会社でも活躍する可能性はあります。

ですが、長年同じ組織で勤め上げたあとに、他の環境でやっていける柔軟性を兼ね備えられているでしょうか。

僕の考える方法は、「抜け道を使え!」ということになります。

今まででは考えられなかった、抜け道が今ではたくさん開けています。

その道を使うことが重要となります。

抜け道の一つは「法人」を持つことです。

それまでの道のりをどのように描くのかをイメージしましょう。

昔は、サービス残業は当たり前、休日は研修会が当たり前でした。

しかし、今の世の中、僕たちには「たくさんの時間」と「膨大な情報」を得ることができます。

副業を持ち、抜け道を走り抜けることです。

スマホで今すぐに、方法を調べることができます。

調べる際には、悪い人も近づいてくるリスクがありますのでその部分についても注意が必要です。